浄水器を選ぶポイント

subpage-img

新たに浄水器を購入する予定を立てても、日々新しい機種が出るなど種類が多く迷ってしまいます。

購入価格はもちろんですが、機能性や維持費といったコストも考慮して、自分に合った浄水器選びが大切です。
そこで機種選びに必要なメリットなどポイントをまとめて、満足できるものを選ぶようにしましょう。
浄水器は浄化する方式や使い方によって、蛇口に直接取り付けるタイプと、シンクに設置して使用する据え置き型、水道の水を注いで浄化するポットまたはピッチャー型と大きく3つに分けられます。

新しい浄水器の人気度が上昇しています。

シンク下に設置するアンダーシンク型というのもありますが、設置場所が異なるだけで据え置き型と変わらないため同じものとして見なします。



蛇口に取り付けるタイプは昔から利用されていた一般的なもので、見たことある人も多いでしょう。

価格もそれほど高くなく、蛇口の形さえあえば素人でもつけられるのが強みです。

最近では様々なアダプタを付属して、特殊な蛇口以外なら大抵のものに対応しています。料理中や大きな鍋を扱うときに干渉することもありますが、カートリッジの取り替えも簡単にできます。

据え置き型はフィルターが大きく寿命が長いのが特徴で、設置場所に困ることもありますが、料理や食器洗いの際い邪魔しないのがメリットです。
本体価格が高いという問題もありますが、大量に浄水したい場合はこの選択肢になるでしょう。


ポットまたはピッチャー型は、文字通りのタイプで取り扱いが簡単、安価で購入でき手入れもしやすいのが魅力です。



浄水にかかる時間や量が少ないといった問題もありますが、設置場所などに困ることがないので導入しやすいのが最大のメリットと言えます。

top